40代軽度知的障害者のつぶやきブログ

このブログは自分だけのブログとして始めましたが、公開することで少しでも同じような方の役に立てればと恥を覚悟で公開することにしました。このブログが同じような障害をもつ人の何らかの役に立ちますように。

親のこと


f:id:SAKItan:20170330203755j:plain

もう何年になるかな•••親と会わなくなって。 
 



さんざん迷惑かけてしまって、親に苦労も心配もさせた。




それがもし、知的障害のせいだと分かっていたらどんな気持ちでどんな対応しただろう。




でも、もしかしたら知的障害のこと知っていたかも•••




有り得ないほど勉強もできなかったし、変な行動してたり周りとのコミュニケーションとれなかったりで明らかに普通の子供とは違かったし•••




私には何人か兄弟がいるけど、下の兄弟が実は3歳の時の高熱が元で知能に影響を受けた。




親は知的障害という言葉は使ったことはなかったけど、特別学級に入っていたし今思えば軽度知的障害だったのかも知れない。



そのような状態だったので、親としては認めたくはなかったのかも•••




本来なら、そのような親の気持ちを理解しなくてはならないのかも知れないけど、私の今の気持ちは何故か親に対して憎しみや怒りの感情が強く出てしまっている。


 


小さい頃から他の人ができることが出来ず、何とか周りに合わせようとするけど全然できず、親は呆れた顔をする。




仕事をするようになっても思うようにできず、体もついていかない状態になってもただ怠けている。甘えているとしか思われなかった。




私はそんな自分が憎かった。



人ができることが出来ない、すぐ人に迷惑かけてしまう自分が本当に憎らしかった。





この世の中で一番憎い人と聞かれたら、おそらく自分と答えたと思うくらい。




何度も自殺も考えたけど、結局ヘタレだったから実行せずに済んだ。




軽度知的障害の診断が出されてから、それらの記憶や感情が一気に溢れてしまった。




その憎しみが今度は両親に向くようになってしまった。




本来なら、親に今回そのような診断が下ったことを報告するべきかもしれないけど、もし両親と話をしたり会ったりしたら自分がどのようになるか分からない。




だから、このまま絶縁状態でいこうと思っている。




私が軽度知的障害でその子供は知的を伴った自閉症。両親はそのことを知ったらどんな反応をするか気にはなるけど、それ以上に、自分がどうなってしまうか分からない。




今はクリニックで安定剤を貰って飲んだりはしているけど、最近身内を殺害してしまう事件が多いし、気をつけないといけない。



ただ、親が私を産んで育ててくれたから今の私の幸せがある。




そのことは本当感謝している。




そのおかげで主人と出逢うことができ、子供達を授かることが出来たのだから•••




せめて両親と兄弟達の幸せを遠くから祈っていようと思う。

広告を非表示にする