40代軽度知的障害者のつぶやきブログ

このブログは自分だけのブログとして始めましたが、公開することで少しでも同じような方の役に立てればと恥を覚悟で公開することにしました。このブログが同じような障害をもつ人の何らかの役に立ちますように。

今回の日帰り旅行で



f:id:SAKItan:20180916005028j:image

 

お盆の間、保育園がお休みではあったものの、子供達は風邪をぶり返しがちな上に酷暑続きで外で遊ぶことが出来なかったせいか、ストレスが溜まっていて家の中で大騒ぎすることが多くなった。

 

息子は部屋の中を走り廻り、娘も面白がって運動会になる。

 

マンションなので、いつもだったら休みの日に公園で思いっきり遊ばせて家ではあまり騒がせないようにしていたけど、今年の異常な暑さが心配で外で遊ばせるのがとても心配で家にいることが多くなった。

 

そんな時、主人が突然遊覧船に乗りに行くぞと言い出した。

 

数か月前に旅行に行った時に子供達が大喜びし、息子はまた行きたいと何度も行っていた。

 

家から電車とバスを乗り継いで3時間位で行けるので日帰りで行こうとなった。

 

山の上なので少しは涼しいだろうしちょうど子供達の風邪が治って元気が余っている、子供達も気晴らしになるのではと考えたらしい。

 

予算的には苦しいので日帰りということになった。

 

当日は曇っていたものの、雨が降ることもなくスム―ズに行くことが出来た。

 

気温も、そんなに暑さを感じなかった。

 

現地に到着すると、すぐに湖の側にある神社に御参りした。

 

独身時代に時々来ていた場所でもある。

 

その神社の所だけ、何故か清々しく気持ちのいい空気が流れていて、神社の側で湖を眺めながらボ―っとするのが好きだった。

 

主人とまだ友達だった時に、行ってみたいと言われて案内するつもりで連れてきた。

 

そしてその神社の側に龍神がお祀りしている神社がある。

 

その神社は何でも縁結びにご利益があって、年に一度の大祭の時は大勢の人が全国から来る。

 

ちょうど私と主人が行った時がその日だと分かり、参加した。

 

主人はその大祭に出たときに芸能人が来ていたらしくて大はしゃぎしていたっけ・・・・(^_^;)

 

それから急激に環境が変わり、何故か主人と入籍することになった。

 

色んな思い出がある場所でもある。

 

辛いことがあったり、仕事を変えなくてはならなくなるたびにこの場所に来てお参りをして湖を眺める。

 

清々しい空気を吸い、湖を眺めていると心の傷が癒やされて次も頑張ろうという気持ちが

湧いてきた。

 

辛いことを、そうやって今まで乗り越えてきたっけ。

 

そして息子を授かったのも、この場所にお参りしてすぐだった。

 

もしかして、ご利益もらっていた?Σ(゚Д゚)

 

 

それから、主人の仕事の都合で数年間遠くに引っ越ししたり、いろんな辛いことがあり過ぎてこの場所に来ることがなかった。

 

数カ月前、旅行先を決めた時は出来るだけ近くで楽しめる場所をと決めたのがこの場所だった。

 

その時はゆっくりお参りも出来ず、息子の変な行動にハラハラしていて思い出に浸ることも出来なかった。

 

この場所は、私達家族にとって大切な場所なんだと思いだした。

 

あまりにも、いろんなことがあり過ぎてその事を思い出すことも出来なかった。

 

御参りを済ませるとすぐに遊覧船のりばに行った。

 

遊覧船に乗ると子供達は大はしゃぎだった。

 

ただ、残念ながら息子の好きな外人さんはその日はあまり来ていなくてちょっと残念そうだった。

 

以前来たときはすれ違う外人さんみんなに手を振っていて、恥ずかしいやらハラハラするやらで今回、私と主人はホッとした。

 

いろんな場所を見て周り、あっと言う間に帰る時間になってしまった。

 

子供達はずっとはしゃいでいて、家に到着するとすぐに2人共に寝てしまった。

 

子供達もまた行きたがっていたので近々また行こうという話になった。

 

でも、子供達がまた風邪を引いたり私自身が子供達に風邪をもらってしまって長引く風邪と格闘する羽目になるしでいつ行けるかな(^_^;)

 

また、あの場所に行って清々しい空気を吸いたくて仕方がない。

 

いつの間にかたくさんご利益もらっていたことに気がついた。

 

次に行ったときにたくさんお礼を言ってこよう。

 

いろんなことがあったけど、それでも思い返すと神様にも周りの人にも守られていたと今回気づかされた。

 

本当に感謝。

 

神様やみんなに、どうもありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北海道の地震で被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます

この前の台風に続き、今回の地震で被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

 

安否不明の方々が早く見つかりますように。

 

今回の地震で怪我をされた方々の怪我と心の傷が回復しますように。

 

もう大きな予震が来ませんように。

 

ライフラインが早く復旧して早く元の生活に戻れるようになりますように願っています。

 

亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

台風22号の被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます

今回の台風の被害をテレビで観て、あまりの強風の被害に驚きとともに、恐ろしさを感じています。

 

 

ただでさえ、地震や洪水被害などの自然災害が、今年は凄く多かったように感じます。

 

残念ながら犠牲になられた方々のご冥福と、被害に遭われた方々が出来るだけ早くに日常生活が送れるようになりますように祈っています。

 

どうか、もうこれ以上被害がでませんように ・・・・・

そう願っています。

 

 

 

 

息子の成長


f:id:SAKItan:20180805221855j:image

 

最近、子供達がまた風邪を引きやすくなり、病院に連れて行った帰りのこと。

 

 

私は子供達と住宅街の道を歩いていたとき、車の通りが少ない信号で、うっかり信号を確認せず、左右の確認だけして渡ってしまったことがあった。

 

 

他の道は信号が無くて、信号があるところは一ヶ所だけで他は左右の確認だけして渡るため、うっかりそこでもやってしまった。

 

すると、息子は「ママ、信号赤だったでしょ?赤だったら渡っちゃダメなんだよ!危ないでしょ」

 

そう注意してきた。

 

 

最近はうるさいぐらい喋れるようになったとはいえ、去年保育園に入るまであまり喋れなかった子がいつの間にか親を注意出来るようになっていたのでビックリした。

 

 

その後10分近く息子のお説教?を聞く羽目になった。

 

正直私は息子のお説教がとても嬉しかった。

 

ここまで成長してくれて、こんなダメな親を注意できるまで成長してくれた。

 

 

とはいえ、車の通りが少ない道とはいえ、一歩間違えば子供達を危険な状態にする失敗なわけで、私もすごい反省をしないといけない。

 

子供達を危険な目に逢わせるような失敗だけはしないように、頑張っていかなくてはと思う。

 

そんな息子も、もう6歳なのに知能の発達はまだ3歳しかない。

 

前回調べて貰った時は1才位と言われていたので、成長はしていると思う。

 

息子は、先日保育園で世話をやいてくれる女の子から「結婚しようね」と、言われて照れていたらしい。

 

保育園の先生は「その時、照れていてその姿がとても可愛かったですよ」とのこと。

 

そこまで成長したのかとまた、嬉しくなった。

 

その姿、見たかった・・・・・(о´∀`о)

 

 

子供達は家ではオモチャの取り合いで喧嘩したり、息子はイタズラするようになったりで怒鳴ってしまうことも多くなった。

 

しかし、成長が楽しみになってきた。

 

将来的には少しずつでいいから体も知能も私よりも成長して欲しい。

 

 

可能なら、いずれは普通の人と同じような生活が出来るようになってほしい。

 

そう願っている。

 

 

 

不思議な音楽との出会い


f:id:SAKItan:20180709132046j:image

 

 

6月も後半になる頃のこと。私はよくYouTubeで音楽を聞く。

 

あまり激しい曲などは聞いていると疲れてしまうのでピアノ曲など、やさしい曲をよく聴いていた。

 

その時たまたまYouTubeの最初の画面にバイオリニストの動画が出ていて、それを何気に聴いてみた。

 

聴いていると何というか、耳の中から頭の中にメロディが心地いいぐらいにス―ッと入っていく感じがして、しかも頭を強く揺さぶられるような感じになって凄い状態に。

 

しかも、このバイオリニストの方の音楽に対する誠実さというか、まっすぐな気持ちや愛情みたいなものをすっごく感じた。

 

今までこんなに直接頭の中に響くような音楽に逢ったことなかったので、暫く金縛りみたいに動けなかった。

 

そして暫く頭の中が、特におでこのあたりがジンジンする感じになって、不思議なことが起こった。

 

何と、その人のバイオリンを聴いている間、自分の世界に行くことが少なくなった。

 

そして何と、何かをやるときに一時的だったけど集中出来るようになった。

 

例えば、ブログなどの文書を書くのに三時間以上いつもかかっていたことを1時間半位で書けるようなって、残りの時間で掃除やら家の仕事をしてからYouTubeの英会話を聴いて勉強してみたり色々なことが出来るようになった。

 

集中力が出ることで格段に仕事の能率が上がり、時間を上手く使えるようになった。

 

今までは文書を書くのにも頭の中がまとまらず、例えば掃除していても途中で違う方に意識が行ってしまって、普通の人より時間がかかっていた。

 

私にとって、すっごく衝撃的で憧れていた集中力を得られ、暫く時間が許す限り英会話を勉強してみた。

 

でも残念ながら記憶力は以前のままらしく、あまり覚えることが出来なかった。

 

ただ、以前はアルファベットを読むのすら苦痛になるくらい分からなかったけど、今回勉強したことで違和感が無くなって自分の聴きたい曲を探せるようにはなった。

 

英語文字の動画は、それまでは動画を聴きまくって取り敢えず高評価に入れておけ作成?みたいにして聴いていた(-_-;)

 

やっぱり私ってバカだなぁ(^^;

 

もちろんしっかりアルファベットを読むことって出来ないけど、何となくあの曲だとかわかるようになった。

 

そもそもそのバイオリニストの動画は英語とドイツ語で、それで多少鍛えられた?部分もあるかも。

 

 

 

ただ、今回集中力があることで仕事や勉強の能率が上がって時間をいかに有効に使えるのかが何となく解った。

 

そして、集中出来ることがいかに楽しいことなのかが体験できた。

 

それと、何かをやっている時は不思議とあまりお腹が空かなかった。

 

もしかして、集中力が無いせいで散漫になり、お腹が空きやすいのかと思った。

 

もしかして、肥満と集中力って、関係あるのか?(ー_ー;)

 

なぜいきなりこのような体験をできるようになったのか?ずっと考えていたら、以前に「ある日気付いたこと」というブログで、IQが高い人のことを書いていて体験がしてみたいといようなことも書いて、そのすぐ後にこの人の動画を見ているんだよね( ; ゜Д゜)

 

さすがにIQは変わらなかったと思うけど、これって偶然?(・・;)

 

このバイオリニスト以外にも同じ曲の演奏を何人かのを聴いて見たけど、やっぱりこの人の演奏するバイオリンじゃないと駄目だった。

 

 

 

そう言えば盲目のピアニストの辻井伸行さんも徹子の部屋だったかな?まだ小さい頃に特定のピアニストのCDを好んで聴いていて、ある日壊れたか何かで違う人の演奏するCD聴かせたら興味を示さなかったようなことを言っていた。

 

私にも辻井さんと同じことが起きているのかな?

 

辻井さんもブ―ニンさんも心に響くいい演奏していたな(о´∀`о)

 

一方、バイオリニストの方の曲は耳から直接入って頭の中に響いてくる感じなんだよね。

 

そのバイオリニストはデイヴィット ギャレットさんという方で、かなり有名らしい。

 

私はバイオリンの音が耳に引っ掛かるような感じで好きではなく、あまり聴くことはなかった。

 

でも、この人の弾くバイオリンの音は柔らかくて聴きやすい。

 

まだクラッシック系しか聴いていないけど、あれからずっと聴きまくっている

 

もっと早く彼の音楽に出会いたかった。

 

でも、数ヵ月前からたびたびYouTubeの画面に時々でていたんだよね、カッコつけたイケメンの兄ちゃんが・・・・

 

バイオリン好きじゃないし、イケメン嫌いとスル―してたあの時の自分を殴りに行きたいわ(^_^;)

 

彼の経歴調べるとモデルをやるほどイケメンで天才でしかも映画にも主役で出たことあるぐらい凄い人で身長高い。

 

しかし、天は二物を与えずとか言うけど・・・何物も与えているじゃないか(ノ`△´)ノ

 

 私からしたらかなりうらやましい・・・

 

 でも、この人なりの苦労をや努力をかなりしているのかなとすっごく思った。

 

幾つかの動画を見ていると、コンサートとかであれだけの安定した曲を弾き続けるには体力作りとそれなりの練習をしなければならないと思う。

 

天才でも、かなり努力をしているんだから自分はなおさら人より頑張らないといけないんだと思った。

 

この人のバイオリン聴いていると、何となく私達には分からない辛いことも経験しているのかなとも思った。

 

私には音楽を聴いて判断したりとかっていうことが出来ないので思ったまま書いたけど、実際に音楽がわかる人からしたら全然違う判断だと思うけど、なんか今回はそのような色々な思いが頭の浮かんだよ。

 

 

今回、正直この体験をブログに書こうか迷った。

 

だって、普通に音楽を聴いただけでいきならこれらの体験って、信じて貰えないのではと。

 

嘘を書いていると思われるのではとも思った。

 

でも、もしかしたらこのブログを読んでくれている人の中にも、何らかの形で知的障害や発達障害が少しでも改善される可能性が僅かにでもあるのではと思った。

 

私はたまたまデイヴィットギャレットさんのバイオリンで不思議な体験した。

 

音楽以外にも絵画や美術系など、もしかしたら何かのきっかけで頭の中が活動するようになるかもと。

 

もしかしたら0.1パーセントでもそういったことがきっかけで多少でも改善される人がいたとしたら、その0.1パーセントの人の為にも書いておいたほうがいいのではと・・・・・

 

なので今回書き残すことに決めました。

 

残念ながら慣れてしまったからなのか、以前の集中出来ない自分に戻りつつあります。

 

でも、今回の体験は私にとっていい体験したと思うし、デイヴィットさんのバイオリンを聴くことでとても心が暖かい気持ちになり何をやっても楽しくなる。

 

うつ病が治った訳ではないので、時々マイナスのことを強く考えてしまうけど、この人のバイオリンで楽しい気持ちにしてもらえる。

 

今の私には副作用のない薬?みたいな感じになってる。

 

デイヴィットさんに本当に感謝。彼には本当に幸せになって欲しい。

 

そしてYouTubeに動画を載せてくれる方々に感謝。

 

いつもブログを読んでくれている方々や星をくれる方にも感謝。

 

 

本当にどうもありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西日本豪雨災害の被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます

今回の災害により被害の状況をテレビで見てとても驚いています。

 

犠牲になられた方の人数も時間が経つにつれて増えているという状態で胸が痛みます。

 

どうか一刻も早く行方不明になっている方々が救出されますように。

 

被害に遭われた方々が出来るだけ早く日常生活に戻れますように。

 

そして今回犠牲になられてしまった方々のご冥福をお祈りしています。

 

 

 

支援学級と支援学校の見学


f:id:SAKItan:20180624225433j:image

 

先日、来年から小学校に上がる息子の就学を決めるため、近くの小学校の支援学級と支援学校に見学に行ってきた。

 

息子は環境が変わると極端に嫌がったりするため、ちゃんとサポートしてもらえるような所がいいのではと指摘されていたためにとりあえず支援学校と支援学級両方行ってみた。

 

小学校の支援学級は結構色々な子がいて、中には成績が凄くいい子がいる。だけど補助が必要で補助の人と一緒に一般の教室で授業を受けている人がいたり、じっとしていられなくて授業中でも席を立ってしまい、違うことをしてしまう子もいた。

 

先生はそういう子に無理強いはしないで、帰ってくるのを待っていて戻ってきてからその子の授業を再開したり、他の子の授業もその子にあったペースで進めていたり、カルタなどを使って授業をしたりしていて昔とは違うんだと驚いた。

 

そして、教室の壁には子供達の書いた文章が貼ってあった。中には小学校一年生の子のもあって、名前を漢字で書いてしっかりした字をしていた。

 

てか、40過ぎた私の描く字より凄く上手なんだけど・・・(^_^;)

 

そんな子も支援学級にいることが、凄く驚きで衝撃的だったよ・・・・

 

私の小学校の時は先生がひとりで何人もの生徒を見ていたし、補助の人をつけたりなんてなかった。

 

これだったら息子も何とか通えるのではと安心した。

 

その後、支援学校にも行って来た。

 

支援学校で色々な説明を受けて各教室を見学した。

 

知的障害の子達はどこに行くにも補助の人がついていた。そして明らかに見た目に解る位の重い子達だった。

 

言葉もほとんど喋らず、音楽の時間で先生達や補助の人が歌っていても、あまり声を出して歌っている子はあまりいなかった。

 

でも、体を動かしそう凄く楽しそうだった。

 

次に肢体障害の子のクラスに行ったけど、みんな車椅子で、しかも明らかに体を動かせない人が乗るような大きめの車椅子?にみんな乗っていて中には鼻に酸素チュ―ブを着けていた子もいた。しかも、かなりの人数の子がいて私は驚いた。

 

みんな補助の人が世話をしていた。

 

何かわからないけど、その子達を見ていたら涙が出そうになった。

 

体が完全に動かなくても、あの子達は一生懸命に生きているし、介助している人もあの子達の為に頑張っているんだよね。

 

思ったけど、もしかしてあの子達と私達は例えが変だけど紙一重なのではと思った。

 

私の子供達も、もしかしたら遺伝子の異常やそうでなくとも出産時のトラブル、その後に病気や何らかの事故で重い障害になっていてもおかしくはない。

 

逆にあの子達も健常者に生まれて、出産時のトラブルや事故や病気になることもなかったら、普通の小学校に通って普通の生活をしていたかも知れないし・・・と思った。

 

相模原の事件の犯人だって何らかのトラブル病気でそのような状態になって介助を必要な人生になっていてもおかしくなかったんだよね。

 

もちろん私達も生きている間は障害を負う可能性がある訳だしね。

 

先生達や介助する人達がやはり一生懸命やってくれるおかげてこの子達もこの支援学校で授業を受けたり出来るんだよね?

 

本当に感謝m(__)m

 

そんな状態でもみんないい表情でニコニコしている子もいた。

 

この子達はこの子達なりに頑張って生きているんだなあって、凄く思った。

 

今回見学に行けて本当に良かった。

 

この子達がもう少し社会に受け入れられるようになって欲しいと願ってる。