40代軽度知的障害者のつぶやきブログ

このブログは自分だけのブログとして始めましたが、公開することで少しでも同じような方の役に立てればと恥を覚悟で公開することにしました。このブログが同じような障害をもつ人の何らかの役に立ちますように。

障害者の事件


f:id:SAKItan:20170324214706j:plain

今日、タリウム事件の判決が出た。




この人は高齢の女性を殺害し、高校生の時に同級生に毒物を飲ませた。




判決は無期懲役で確か死刑の次に重い刑だったはず。




そして発達障害精神疾患を理由に無罪で争っていたと聞いていた。




被害者や家族はどういう気持ちで過ごしていたのか•••




確かに病気や障害のせいでそういう事件を起こしてしまったにしても、もし無罪になってしまったら被害を受けてしまった人や家族は納得できないと思う。



もちろん、そうでない人も平気で人を殺害できてしまう人が罪に問われることもなく無罪になってしまったら安心して生活出来ないと思う。




だから私は今回の無期懲役の判決を聞いて、少しほっとした。




もちろん被害者や家族からすればまだ納得出来ないと思う。




もし私自身が、もしくは家族がそういう目にあったらまだ判決が軽いと思うし、出来れば同じ目に•••と、思うから。





犯罪を起こした人が発達障害や知的障害、もしくは精神疾患を持っていた場合、そういう障害を持っている人みんなが同じように見られてしまうのではと心配になる時がある。




実際にネットの書き込みをみるとそのような捉え方をするようなことを書いているのを目にする時があるから。






実際に知的障害の人で犯罪を起こして逮捕されてしまう人が多くいると聞く。




発達障害や知的障害でもそれぞれ個人差があるし、多くの人は辛い状態になっても何とか頑張っている。



 
相模原の障害者施設襲撃事件では多くの障害者が殺害されたけど、犯人を英雄のように称えて知的障害者は厄介もの、犯罪者扱いしていた人もいて、愕然とした。





知的障害と言っても、症状や障害の度合いは個人差があるし介助が必要な寝たきりの人、寝たきりではないけど生活に他の人の手伝いが必要な人など個人差がある。




そういう障害を持って産まれてきたいと思う人はいないし、事故や病気で自分もそうならないとは限らないし、自分の子供や孫がそのような障害を持たないとは限らない。




そして自分の身内や子供が今回のような犯罪を犯さないとも限らない。




なかにはずっと寝たきりの人もいるのに、その人も犯罪者?みたいにとれる書き込みもあった。





そのような偏見が無くなって欲しいと思っている。




ただ、実際に知的障害を持っている人に危害を加えられた人もいるのも事実。





知的障害や精神障害を理由に無罪になったという話も聞く。




やった本当に自覚があってもなくても責任能力がどうでも犯罪は犯罪。




無罪にだけはしないで欲しいと私は思う。




私自身も知的障害発覚し、息子も自閉症


 

せめて子供達にはやってはいけないことと、命の大切さを教えていこうと思う。




どうか、障害者の方やご家族の方々が偏見でこれ以上苦しんだりしませんように。



また、全ての犯罪被害者が納得できるように解決し、早く心や体の傷が癒やされますように。




そして、亡くなられた方々のご冥福を祈ります。

広告を非表示にする